お勧め観光地情報

  ≪グヌンカウィ≫
                                                      


グヌンカウィとは古代の岩山という意味です。

この言葉のとおり、グヌンカウィは大きな岩に彫刻を施した王家の墓です。

とは言っても、11世紀に作られたものですから、時代はバリ島にヒンドゥーが入ってくる前になります。

つまり、バリオリジナルの王朝が作ったもので、王朝の名前をワルマデワと言います。

ライステラスを見ながら、狭い石段を下りていきますと、両側が石の壁になります。

石段を降りますと、聖なる川と言われるパクリサンの流れが目に入ります。

その手前の左側に高さ7メートルほどの石壁が現れます。まるで城壁のように見えます。

これがバリで一番大きな遺跡と言われるグヌンカウィです。

その岩壁には5つの墓が並んで、それぞれが彫刻されています。

この墓を造ったのはワルマデワ王朝の6代目の王様だと言われています。

墓には4代目の王様と王妃、5代目の王様と王妃、そして墓を作った6代目の王様自身が入っています。

彫刻のある岩壁がもうひとつありますが、そこには6代目の王様の4人の妃が入っています。

ワルマデワ王朝はこの6代目の王様の時代が最も栄えたのかもしれません。

墓のある場所からパクリサン側をはさんで向かい側に、これらの墓を守るように寺院があります。

この墓は1920年にヨーロッパ人によって発見されました。

この発見よりずっと以前から、この地には言い伝えがありました。

それは「昔クボ・イワという大男がいて、その男が爪を立てて彫刻をした」というものです。

その言い伝えが正しかったことが9世紀後に証明されたということで、土地の人はだれも驚かなかったといいます。

▲ TOP 

住所 Jl.Danau Tempe nomor 91 DPS BALI
0361-7887736,0817-354587  7:00~22:00
  info@himawaribali.com  setsusaito@gmail.com
  www.himawaribali.com 

ホーム チャーター アクティビティー スパ バリ島情報 お問合せ お申し込み
Copyright (C) 2006 -  himawari bali All rights reserved